「餅は餅でも小袖の餅は、かわいい静江の味がする」小袖餅本舗「小袖餅」宇土市

「餅は餅でも小袖の餅は、かわいい静江の味がする」

この一節小唄の意味はこうだ。

永正14年のある日、宇土城主がお忍びで城下に出て、町はずれの茶屋に入り、餅を食べ、代金を払わないまま出て行った。

茶屋の娘・静江は追いかけてお餅代を請求した。城主は持ち合わせがないため、自分の小袖を切って「これをもって城内に来い、餅代を渡す。」と言って立ち去った。

お客が城主であることを知らされた静江は、自分の無礼が母にまで及ぶことを恐れてお城に行き、「母に罪はございません、私めだけをご成敗ください」と願い出た。

城主はこの孝行な娘にいたく感激し、お金に加えてたくさんの褒美を静江に授けた。

この孝行心と餅の美味しさを褒めたたえて「小袖餅」と名付けられたという。

小さいころに父親が手土産として、指先でぶら下げながら買ってきてくれたこの餅に小躍りして喜んだものだ。

兄弟姉妹で数えながら分け合って優しいこの餅を、一口一口大事に食べた記憶は今でも残っている。

「うと餅」うと餅本舗城南堂本店 | 宇土市三拾町

「うと餅」うと餅本舗城南堂本店 | 宇土市三拾町
https://city-uto.com/archives/1129

宇土市には同じような餅で「うと餅本舗城南堂」の「うと餅」というのがある。

創業明治35年(1902年)の老舗で、こちらも小さくアンコ入りで優しい食感の一口サイズ。味も小袖餅と遜色はない。

「小袖餅」と「うと餅」。大きさ・価格と大きな差はない

「小袖餅」と「うと餅」。大きさ・価格と大きな差はない

熊本の人は小さいころから親しんでいるが、県外の人にも「熊本でしか食べられない逸品」としてぜひお勧めしたい。

小袖餅本舗「小袖餅」

本店 熊本県宇土市城之浦町10
3号線支店 熊本県宇土市三拾町118-1
電話 0964-22
-0246
営業時間 本店 7:30~/3号線
支店 9:00~
ともに売り切れ次第終了(数量限定)

定休日 火曜日または水曜日
小袖餅 https://city-uto.com/archives/1132

最近のBLOG記事

  1. カフェの雰囲気が魅力的「BAKE CAFE SUN.」。ここのドーナツは他とはひと味違った【中央区大江6丁目】

  2. 人吉で和食といえば「ほうらい茶屋 人吉」。ランチもおすすめ!新鮮刺身にぷりっぷりのエビフライで満足【人吉市】

  3. 喫茶「アルバトロス」昭和モダンの喫茶店。黄金色の薄焼き卵が敷かれたミートスパゲッティに舌鼓【八代市】

  4. レシピ本まで発売されている話題の定食屋さん「大戸屋ごはん処」。満足度の高い人気チェーン店【サクラマチクマモト地下1階】

  5. 住吉自然公園あじさい園はシーズン真っ盛り♪熊本県が誇る梅雨の海岸沿いの美景【宇土市】

TOP